映画「パーフェクト・レボリューション」の動画を視聴しました。

2017年公開の邦画で、上映時間は約117分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.3)

監督:松本准平さん
出演:リリー・フランキーさん、清野菜名さん、小池栄子さん、岡山天音さん、余貴美子さんら

実話をもとにした作品。

視聴前、「障害者の性」といったワードが目に入っていたので、なんとなくドロドロした内容をイメージしていた。

でも、ラブストーリーものでした。

ドロドロしたところもありますが、自分が想像していたのとは違う種類のドロドロだった。

感想は → → → ラストは違うほうがよかったのではなかろうか。

以下、ネタバレ注意です。

 ・
 
 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

ラスト、二人は別れを決意して終了

かと思いきや、もう一展開が待っていました。


ヘルパーの恵理や、占い師の晶子らの手助けにより、2人は逃避行を決行する・・・

となっていました。

つまり、愛し合う者同士が結ばれる、ハッピーエンドな結末。

しかし、(ラストの展開は)ファンタジックとまでは言わないまでも、非現実的な印象がありました。


無理にそういったエンディングにしなくとも、切なさを残した終わり方(ラストの一展開をなしにする)でもいい作品になっていたんじゃないかと思いました。



パーフェクト・レボリューション [ リリー・フランキー ]