デンゼル・ワシントン主演の映画「フライト」を視聴しました。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.2)

ここで見ました→dTV


故障により、コントロールが困難になった機体を見事に操縦し、多くの人名を救った主人公(航空機パイロット)。

しかし、その裏で彼には決定的とも言える隠し事があり・・・

という内容です。

隠し事というのは、彼がアルコール中毒で、事故機のフライト前やフライト中にもお酒を飲んでいたということになります。

あと、中毒といえるほどではない感じでしたが、ドラッグ(薬物)もやっていました。

当初は英雄扱いされたりしていましたが、機内に残っていたお酒の瓶などから、国家運輸安全委員会に追求され、最後は認め、刑に服することになります。

事故後、アル中から脱するチャンスはありましたが、ついに離れることができず。

このあたりがモヤモヤしましたが、過度の中毒となると、抗いきれないものなのかもしれないですね。

自分もお酒は好きなので、そうなってしまわないように気をつけなれば、と思いました。


この作品、自分は勘違いしていて、実話を基にした映画なのかと思っていました。

ですが、そうではないみたいですね。

さすがに背面飛行は無理か・・・


話の参考にされている(と思われる)事故はあるようですが。

この事故です→アラスカ航空261便墜落事故

乗員・乗客の全員が亡くなっているよう・・・

やはり航空機の事故は恐ろしいですね。




フライト[デンゼル・ワシントン]