映画「ホワイト・ライズ」の動画を視聴しました。

2004年公開のアメリカ映画で、上映時間は約115分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.6)

監督:ポール・マクギガン
出演:ジョシュ・ハートネット、ローズ・バーン、マシュー・リラード、ダイアン・クルーガー、ジェシカ・パレら

1996年のフランス映画「アパートメント」のリメイク作品。

シーンの切り換わりで、時系列がパパッと入れ替わったりして、混乱・わかりにくいところも多少あった。

おおむね理解できていると思うし、楽しめたけれど。


邦題は「ホワイト・ライズ」。

white lies → 白い嘘 → たわいのない嘘
ってことだけれど・・・

ブラックなんじゃないの!?って思ってしまいました。

2004年当時は、これくらいの嘘なら可愛い範疇だったのだろうか、感覚的に。


そんなこんなで、「邪魔する人はヒドイなぁ~」と思いましたが、でもよよ~く考えてみると、自分だって同じ状況になったら似たようななことを起こしかねないのかも。

まぁ、実際に行動には移さないとしても、負の感情がわいたり、邪念は生じてもおかしくないのではないかと。

そんなことはつゆも思わず、純粋に相手の幸せを願えるのは、よほど心がキレイなのか、経験を積んで人間が出来た人だと思います。


ホワイト・ライズ 【DVD】