映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」を見ました。

2014年公開のアメリカ映画で、上映時間は約122分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.9)

南フランスの田舎にやってきた(流れ着いた)インド人の家族たち。

そこでインド料理店をはじめますが、目の前は伝統的なフランス料理屋さん。

バトルが勃発し、戦争状態になりますが、ある出来事を転機として融合へと進んでいきます。

フレンチとインド料理。

興味深いですが、映画では香りや味がわからないので残念。

でも、ストーリー展開とか、なかなか面白かったです。


フランス人もやっぱりミシュランの格付け(星)は気にするものなんですかね。

この映画の描き方だと、日本人以上に気にしています。

作品内のセリフでも出ていますが、それを毎年突きつけられるというのは、レストランにとっては酷なところもあるのではないだろうか。


マダム・マロリーと魔法のスパイス [ ヘレン・ミレン ]