映画「汚れたミルク/あるセールスマンの告発」の動画を視聴しました。

2017年公開のインド/フランス/イギリス映画で、上映時間は約94分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.9)

監督:ダニス・タノヴィッチ
出演:イムラン・ハシュミ,ギータンジャリ,ダニー・ヒューストン,ハリド・アブダラ,アディル・フセインら


実話に基づく作品。

ときおりドキュメンタリーが混ざってくる感じの、少し変わった作りでした。

もしかしたら美化されている面はあるのかもしれないけれど、主人公らは立派な行動を取ったと思いました。


ネスレ社の粉ミルク販売に関して、すこし調べてみると、どうも長年に渡って問題視されてきたよう。

どうなってんだ?

(啓蒙努力を怠っているうちに失われてしまった命もあるのではないだろうか)


カンブリア宮殿でネスレ日本の回を見たときには、感心したような記憶が(かすかに)残っている。

もしかしたら日本法人はカルチャーやら倫理感覚やらが、グローバルとは異なるのかもしれない。

でも、その背景(グローバル)にはこの映画で描かれたようなことがあるのかな・・・なんて思ってしまう。


この映画は、2014年制作。

しかし、なかなか公開されず、2017年になって日本でようやく公開となったよう。

でも、その後、他国ではほとんど公開されなかった・・・

ネスレの力を恐れて・・・?



汚れたミルク あるセールスマンの告発 [ イムラン・ハシュミ ]