映画「マネー・ピラミッド 札束帝国の興亡」の動画を視聴しました。

2011年のロシア映画で、上映時間は約105分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.8)

監督:エルダー・サラヴァトフ
出演:アレクセイ・セレブリャコフ、ヒョードル・ボンダルチュク、ピョートル・フョードロフ


実際に起きた事件をもとにした作品。

ロシア最大のねずみ講「MMM」を創設し、破産させた社長の伝記を元にしたマネーサスペンス
だそう。

MMMって、知らなかったなぁ・・・

主人公(セルゲイ・マモントフ)のモデルとなった人物は、セルゲイ・マブロジ(Sergei Mavrodi)という男性かと。

映画は実話をだいぶ膨らまして構築されているのだと思いますが、とてもスリリングに描かれていました。

スピード感があり、登場人物も多めで、話についていくのが少し大変なほどでした。

話はかなり盛られていると思ったのですが、調べてみると、セルゲイ・マブロジ氏は下院の補欠選挙に出て当選?

大統領選にも出馬を試みる?

そのほか、裁判のいきさつなどを読んでみても、(映画と事実は)とんでもなくかけ離れているわけではなかったのかも。

ここに「ピラミッド・ゲーム事件」として書かれていますよ(52P~)→http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81004441.pdf




マネー・ピラミッド 札束帝国の興亡 [DVD]