映画「リンカーン」の動画を視聴しました。

2012年公開(日本公開は2013年)のアメリカ映画で、上映時間は約150分。

総合評価:★★★★☆~★★★★★(4.2)

ここで見ました⇒リンカーン【U-NEXT】
(本ページの情報は2018年12月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、デヴィッド・ストラザーン、ジョセフ・ゴードン=レヴィットら

原作はドリス・カーンズ・グッドウィンの評伝。


リンカーン(下) 奴隷解放 (中公文庫) [ ドリス・カーンズ・グッドウィン ]

映画「リンカーン」の感想



13条修正案と、南北戦争終結との間で揺れ動く政治家たちの思惑とか、少しわかりにくいとこともありました。

ある程度、学のあるアメリカ人なら、あのくらいの描写でスッと理解できるのかな。

けれども、おおむねのところはわかったと思います。

で、自分はこのタイプの映画は好き。
(歴史モノor実話ベースで、雰囲気はシリアスだけれども、グイグイ引っ張られるようにスピーディーに展開していくという感じのやつ)


もちろん創作もあるのだろうけれど、リンカーン大統領が人を説得したり、場をなごませたりするのにいろんな逸話を出してくるのがすごかった。

あれは引き出しが膨大にあり、頭の回転が速く、さらに人の心の機微も読めるような人でないと出来ないことなのではないかと。


しかし、この時代は日本では江戸幕末期。14代将軍・家茂のときで、禁門の変があったあたり。

激動の時代で日本が右往左往しているときだと思うけれど、アメリカも同じと言っていいくらいに右往左往している時だったんだな。