ドキュメンタリー映画「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」の動画を視聴しました。

2010年公開(日本公開は2011年)のアメリカ映画で、上映時間は約109分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.3)

ここで見ました⇒インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実
(本ページの情報は2019年3月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

監督:チャールズ・ファーガソン


「国家ぐるみでの詐欺」とか「(金融界・政治界・学界が相互連携しての)欺瞞」といったワードが頭に浮かびまくるような内容。

詐欺は少し言い過ぎなのかもしれないけれど。
(詐欺的、ですかね。言い表すとしたら)

あの状況を生み出してきた責任者たちが適切なペナルティーを受けたと言えるのでしょうかね。

問題をうまく収束させ、アメリカ経済を復活→発展させていくために、そういった人たちの能力(経験や知識、洞察力)が不可欠だったって感じなのだろうか?


金融工学初心者~中級者でもわかりやすいように、基礎説明ももう少し丁寧にやってほしかったかも。

図解とかはあったけれど、パパパッと進んでしまい、構造が完全には理解できなかったようなところもありました。



インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 [ マット・デイモン ]