映画「ガガーリン 世界を変えた108分」の動画を視聴しました。

2013年公開(日本公開は2014年)のロシア映画で、上映時間は約113分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.7)

監督:パヴェル・パルホメンコ
出演:ヤロスラフ・ジャルニン、ミハイル・フィリポフ、オルガ・イワノワ、ヴィクトール・プロスクリン、ナジェジダ・マルキナ、ウラジミール・ステクロフら


ユーリー・ガガーリンの偉業について描いた作品です。

ガガーリンの名前や成し遂げたことは知識としてあったけれおd、その背景やら、どういった人だったのかについてはよく知りませんでした。

なので、見てよかったと思いました。


彼が乗ったボストーク宇宙船の帰還用カプセル。

日本に、同型機(※)の実物があります。

石川県羽咋市(はくいし)のコスモアイル羽咋。

少し前に訪れて、それを見たこともあり、熱を持っての視聴となりました。

ぱっと目に飛び込んできたとき、ドラゴンボールに出てくる丸い乗り物(一人用ポッド?)が想起されましたよ。

鳥山明先生が、そこから着想を得たということかもしれませんけれど。
(時代的には、ボストーク宇宙船のほうが先になります)







(※)Wikipediaによると、ゼニットという無人偵察衛星なのかな?

ボストーク帰還用宇宙カプセル(実際には設計・構造が共通のゼニットという無人の偵察衛星のものを、中に人形を詰め込み有人宇宙船のボストークであるかのように展示している)

コスモアイル羽咋 - Wikipedia
そうだとすると、館内の説明文章は少しミスリーディングチックな気もするな・・・