映画「帰ってきたヒトラー」の動画を視聴しました。

2015年(日本公開は2016年)のドイツ映画で、上映時間は約116分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.8)

ここで見ました⇒TSUTAYA TV 30日間無料お試し
(※本ページの配信情報は2019年2月2日時点のものとなります。最新の情報はTSUTAYA TVのサイトにてご確認下さい)

監督:デヴィッド・ヴェンド
出演:オリヴァー・マスッチ ファビアン・ブッシュ クリストフ・マリア・ヘルプスト カッチャ・リーマンら

原作はティムール・ヴェルメシュの風刺小説。


帰ってきたヒトラー(上) [ ティムール・ヴェルメシュ ]

映画「帰ってきたヒトラー」の感想



風刺的コメディ作品。

どういうことか、ヒトラーがタイムワープしてきてしまい、現代ドイツの中で注目を浴びたり、ドタバタを引き起こしていく・・・という内容です。

あらすじ書きやらキャッチ画像などから、「そんなに面白くないのではないか」と思っていましたが、存外面白かったです。

コメディといっても、バカバカしいおチャラコメディではなく、現代の政治・社会に対する風刺を含んだものだからではないかと。

なんだか妙なリアル感もあるような作りだったし。

いまの世の中(特に先進諸国)のポピュリズム&独裁的傾向になんとなく危うさのような感覚を抱いている人は、ご覧になってみると感じるものがあるのではないかと思います。