映画「コーチ・カーター」の動画を視聴しました。

2005年公開のアメリカ映画で、上映時間は約136分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.8)

ここで見ました⇒Netflix

監督:トーマス・カーター
出演:サミュエル・L・ジャクソン、ロブ・ブラウン、ロバート・リチャード、リック・ゴンザレス、チャニング・テイタムら

リッチモンド高校のバスケチームを指導する熱血コーチと部員たちの話。

まったくの創作物と思って見ていたのですが、モデルとなる話があるんですね。

Wikipediaのケン・カーターさんのページを見ると、映画の話とそっくりな経緯が書かれている・・・

(参考)ケン・カーター - Wikipedia

エンドロールでは、「部分的には事実に基づいているけれども、多くフィクションも含まれている」的に書かれていたけれど。

大きな筋は、実話に基づいていると考えてもいいのではないだろうか。

Wikipediaの記述が正しければ、だけれど。


高校生活をどう過ごすのか。大人側からしたら、どう過ごさせるのが正解なのか。

だらけた高校生や、天狗になっている子がいたときに、どう接していく・向き合っていく・指導していくのがいいのか。

答えは一つではないのでしょうけれど、そういうことを考えさせてくれるなかなかの良作ではないかと。


また、こういったのを見ると、大人も自分に何か厳し目のノルマを課したくなってくるのではないかとも思いました。
(だらけた自分の日常を反省して)



コーチ・カーター スペシャル・コレクターズ・エディション [ サミュエル・L.ジ...