映画「キャピタリズム~マネーは踊る~」の動画を視聴しました。

2009年公開のアメリカ・ドキュメンタリー映画で、上映時間は約127分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.8)

ここで見ました⇒Paravi

監督:マイケル・ムーア
出演:マイケル・ムーアら


とても興味深い内容でした。

資本主義に疑いの目を持って、根底から鋭く切り込んでいくといった感じの内容。

「利益=絶対的な善」という価値観や、富の極端な偏在は、やはりどうしたっておかしいのでしょうね。


で、マイケルムーアさんは資本主義を是正、もっと激しく表現すると打ち倒すものとして、民主主義を挙げているようでしたが。

それ(民主主義)だって、絶対的な価値観として見てしまうのは違うのでしょう、きっと。

批判の目を向けて、常に疑い深く検証し、必要に応じて内容を変化させながら活用していくってのが、いまは正しいのではないだろうか。


キャピタリズム〜マネーは踊る [ マイケル・ムーア ]