映画「64-ロクヨン-前編」の動画を視聴しました。

2016年公開の邦画で、上映時間は約119分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.9)

ここで見ました⇒64-ロクヨン-前編【Amazonビデオ】

監督:瀬々敬久さん
出演:佐藤浩市さん、綾野剛さん、榮倉奈々さん、夏川結衣さんら

原作は横山秀夫さんの小説。


64(ロクヨン)(上)【電子書籍】[ 横山秀夫 ]

映画「64-ロクヨン-前編」の感想



社会派ミステリードマラとしてなかなか面白かったです。


■組織の論理
■外部からのプレッシャー
■正義・倫理観
■プライベートでの苦悩

こういった間(はざま)で揺れ動きながらも、なんとかブレないようにと必死にもがく男性警察官(広報官)の様子がうまく描かれていたと思います。

しかし、ラストは連ドラのような終わり方。

自分はVODですぐに後編にいけるからいいけれど、劇場で鑑賞した人は「えー!気になる」なんてなったのではないだろうか。
(とはいっても公開時期は近かったみたいだけれど)


この作品に出てくる事件のモデルと考えられる事件があるそう。

身代金目的の誘拐殺人事件としては、戦後唯一未解決?

ただし、その事件は1987年9月に起こったもの。

1987年は昭和62年であり、64ではありません。