映画「ラスベガスをぶっつぶせ」の動画を視聴しました。

2008年公開の邦画で、上映時間は約123分。

総合評価:★★★★☆~★★★★★(4.1)

ここで見ました⇒ラスベガスをぶっつぶせ【U-NEXT】
(本ページの情報は2018年12月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

監督:ロバート・ルケティック
出演:ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー、アーロン・ヨー、ライザ・ラピラ、ジェイコブ・ピッツら

原作はベン・メズリックの「ラス・ヴェガスをブッつぶせ」。


ラス・ヴェガスをブッつぶせ!

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」の感想



カジノが主舞台ではあるけれど、エリート大の学生たちが主人公。

その青春物語と捉えてもいいのではないかと思います。

実話をもとにして作られています。

スピード感のある構成・描き方で、ワクワク・ドキドキしながら見ていくことができます。

(自分は、アメリカ映画の王道的な作品なのではないかと感じました)


ちなみに、主人公のモデルとなったのは、ジェフ・マーというアジア系の男性(MITの学生でした)。

彼はこの映画にカメオ出演しているとか。

見返してみたところ、中盤あたりでジェフリーという名前のディーラー役で出ているのが彼のようです。