映画「裏切りのサーカス」の動画を視聴しました。

2011年公開(日本公開は2012年)のイギリス・フランス・ドイツ映画で、上映時間は約128分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.7)

ここで見ました⇒【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!
(※本作品の配信情報は2018年6月5日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

監督:トーマス・アルフレッドソン
出演:ゲイリー・オールドマン, コリン・ファース, トム・ハーディ, ジョン・ハート, トビー・ジョーンズら

原作はジョン・ル・カレの小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」。


ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕【電子書籍】[ ジョン・ル・カレ ]

映画「裏切りのサーカス」の感想



イギリスの諜報部内にいる裏切り者(二重スパイ)を見つけ出すサスペンス作品。

トーンや雰囲気が大人な印象で、自分には好みのテイストでした。

でも、登場人物が多めで、相関が少し複雑。

自分は紙に登場人物の名前を書いたりしながら見ていたのでまだ理解できた(と思う)けれど、映画館で見ていたら「ん、どういうこと?」ってなっていた可能性も。

ハードボイルド・硬派な雰囲気を味わうだけなら、普通に肩の力を抜いて見ていればいいだろうけれど、内容をちゃんと把握しようと思うと、少し気疲れしちゃう作品かも。