映画「終戦のエンペラー」の動画を視聴しました。

2012年公開(日本公開は2013年)のアメリカ映画で、上映時間は約105分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.9)

ここで見ました⇒【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!
(※本作品の配信情報は2017年11月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

監督:ピーター・ウェーバー
出演:マシュー・フォックス, トミー・リー・ジョーンズ, 初音映莉子さん, 西田敏行さんら


第二次世界大戦終戦直後の様子を、主にアメリカ(GHQ)側の視点から描いた力作。

天皇の処遇をどうするべきか、マッカーサーが調査を命じた部下「ボナー・フェラーズ准将」の視点が主となっています。

ボナー・フェラーズ准将には大学時代に出会った「島田あや」という日本人の恋人がいる設定になっていますが、これは脚色のよう。

一色ゆり(旧姓:渡辺ゆり)さんという、モデルとなる人はいたみたいですが。

また、島田あやの叔父の鹿島大将も架空の人物でしょう。

ですから、よく調べて創られているとは思いますが、明らかな脚色も含まれています。

よって、すべてが本当にあった出来事だと思ってしまうのはNGですね。


それでも、日本人びいきというか、日本人が見て気持ちよくなる感じで描かれていると思いますし、おすすめです。


日本語が出てくるシーンもありますが、それもその後に通訳が英語に直して伝え、それが日本語字幕で出たりすることも多く、音量は抑え目、オフでも視聴に大きな問題ないかと。
(日本語セリフのみのシーンもありましたが、ほんの少しだったと思います)


終戦のエンペラー [ マシュー・フォックス ]