映画「祈りの幕が下りる時」の動画を視聴しました。

2018年公開の邦画で、上映時間は約119分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.7)

監督:福澤克雄さん
出演:阿部寛さん、松嶋菜々子さん、溝端淳平さん、田中麗奈さん、キムラ緑子さんら

原作は東野圭吾さんの刑事ものミステリー小説。


祈りの幕が下りる時 (講談社文庫) [ 東野 圭吾 ]

映画「祈りの幕が下りる時」の感想



ビデオパスで、付与コインを使って視聴。

2時間内におさめようと頑張った結果だろうか。

展開がはやくて、特に前半はめまぐるしいような感じでした。

自分は以前に原作を読んでいたので、ある程度は知っていた(忘れてたところも結構ありましたが)けれど、それでも話を整理して理解していくのが少し大変だったような。

複雑過ぎるってことでもなかったですが、こんがらがる少し手前くらいまではいっていた。

再生速度を上げて見ていたのもあるかもしれないですが。


ともかく、内容は物悲しさを含んだミステリーヒューマンドラマ。

見終えたときの感想は・・・ズドーン、ズシーンと心にくる感じでした。

原作もこんなふうだったっけか?

BGMとか、脚本とかの要因もあるのだろうか。

映画は、泣かせるような、心に響く作りになっていた印象です。

■原作 → 加賀恭一郎まわり
■映画 → 犯人や被害者まわり
に、よりスポットがあたっている感じ。

自分の記憶違いなどの可能性もあるけれど。