映画「桐島、部活やめるってよ」の動画を視聴しました。

2012年公開の邦画で、上映時間は約103分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.9)

ここで見ました⇒【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!
(※本作品の配信情報は2018年3月2日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

監督:吉田大八さん
出演:神木隆之介さん、橋本愛さん、大後寿々花さん、東出昌大さんら

原作は朝井リョウさんの小説。


桐島、部活やめるってよ (集英社文庫) [ 朝井リョウ ]


タイトルがとてもキャッチーですよね。

原作を読んでいないのはもちろん、どういった内容なのかをよく知らずに視聴スタート。

しかし、すぐに「おぉ~」っと引き込まれていくような感じになっていきました。

学園ものというのでしょうか。

高校を舞台とした作品はあまり楽しめないことも多い(期待を下回る。「ふぅ~ん」という感じ)のですが、この映画は面白いと思いました。

グラデーションが織り交ざるというのか、いろんな個々の想いや活動から成り立っている高校生活の様子がうまく表現されているのではないかと感じました。

いいな、共学校は。

でも、スクールカースト的なのを一層意識せざるを得ず、大変だったりするのだろうか、やはり。

転校でもしない限り、両方を味わうことはなかなか出来ないでしょう。

そう思うと、人生の時間って貴重というか、面白いというか・・・


「自分はあのポジションだったな」とか、「なんだ、あの運動部員たちの横暴ぶりは!」とか「あんなイケてる帰宅部、いただろうか」なんて、自分の経験と重ねながら楽しめる良作だと思います。


アマゾンビデオで視聴する⇒桐島、部活やめるってよ