映画「映画版 ねこタクシー」の動画を視聴しました。

2010年公開の邦画で、上映時間は約106分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.7)

ここで見ました⇒【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!
(※本作品の配信情報は2018年3月11日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

監督:亀井亨さん
出演:竹山隆範さん、鶴田真由さん、山下リオさん、芦名星さん、室井滋さんら

原作は永森裕二さんによる小説。


ねこタクシー [上]【電子書籍】[ 永森裕二 ]



ねこタクシー [下]【電子書籍】[ 永森裕二 ]

「映画版 ねこタクシー」の感想



内容をよく知らず、「ほのぼの映画かな」と思って見始めたのだけれど、そうではなかったです。

もっと深い内容でした。

保健所職員の人とのやり取りとか、大げさに言えば「法律・ルールをどうしていく(この社会をどう運営していく)のが皆にとっての幸せに繋がるのか」といった問題提起にもなっているように思いました。

話を作った人の意図としては、主人公が立ち向かう「困難(の1つ)」ということかも知れないけれど、少なくとも自分にはそういうことを考えるキッカケになりました。