映画「孤高のメス」の動画を視聴しました。

2010年公開の邦画で、上映時間は約126分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.9)

監督:成島出さん
出演:堤真一さん、夏川結衣さんら

原作は漫画の「メスよ輝け!!」(原作:高山路爛さん・作画:やまだ哲太さん)。


メスよ輝け!! 1【電子書籍】[ 大鐘稔彦 ]

映画「孤高のメス」の感想



堤真一さん演じる主人公・当麻鉄彦医師がかっこよかった。

この作品はフィクションですが、モデルと考えられるような先生もいる様子。

原作者の高山路爛さん(本名:大鐘稔彦さん)は、モデルは「半分が自分で、残り半分は自分の理想像」と、インタビューで答えているようですが。

あの、天皇陛下の手術執刀医を勤められた心臓外科医、順天堂大学の天野篤先生も、この当麻鉄彦をライバルと思っていたらしいです。

その後の自分の経験と主人公・当麻鉄彦の外科医としての行動が,半分くらい重なっていくことに妙な一体感を覚え,いつしか“ライバルは当麻鉄彦”と思うようになった。原作者の大鐘稔彦先生は主人公を「半分が自分で,残り半分は自分の理想像」と語っていることから,私の4分の1は大鐘先生と重なっていることになる。

漫画で探す,あなたのキャリア | 医学書院/週刊医学界新聞(第3161号 2016年02月08日)
天野先生が当時見ていたのは、漫画内の当麻鉄彦でしょうけれど。

こういうエピソード、なんだかワクワクしますね。


アマゾンビデオで視聴する⇒孤高のメス