映画「ホットロード」の動画を視聴しました。

2014年公開の邦画で、上映時間は約119分。

総合評価:★☆☆☆~★★☆☆☆(1.8)

ここで見ました⇒Hulu

(※紹介している作品は、2018年5月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。)

監督:三木孝浩さん
出演:能年玲奈さん、登坂広臣さん、木村佳乃さん、小澤征悦さん、鈴木亮平さん、太田莉菜さんら

原作は紡木たくさんの漫画。


ホットロード 1【電子書籍】[ 紡木たく ]

映画「ホットロード」の感想



自分はあまり楽しめませんでした。

なんというか、コミックチックな描写がところどころ鼻につくというか・・・

映画にするときに、映像に向いた表現にしていくというのは、骨の折れることなのだろうか。

もしくは、原作ファンのことを考えて、あえて漫画らしさを残した描写にしているのだろうか。


調べたら、原作は1986年~1987年に連載されていた様子。

なるほど、その時代状況か。

登場人物たちは、自分よりもほんの少し上の先輩にあたる世代。

そう考えると、ちょっと印象が変わったかも。

まだ、学校が荒れていたり、暴走族が各地にバリバリいた時代だと思うので。

そういえば、スマホとか携帯・パソコンは出ていなかったか・・・

もっと(映画の最初のほうとかに)時代背景がわかるような説明を入れてもよかったんじゃないだろうか。

でも、それがわかったからといって面白いとは感じなかったと思うけれど。

自分がもう、親とか社会に強い敵愾心のような感情を持つ年代ではないからかな。

「学校(の先生)とか、親とか社会とかがイヤでイヤでしょうがない」という10代の人には、もしかすると響くものがあるのかも?