映画「トラブル・カレッジ/大学をつくろう!」の動画を視聴しました。

2006年のアメリカ映画で、上映時間は約93分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.4)

ここで見ました⇒【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!
(※本作品の配信情報は2018年6月10日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

監督:スティーヴ・ピンク
出演:ジャスティン・ロング, ブレイク・ライブリー, ジョナ・ヒル, アダム・ハーシュマン, コロンバス・ショート, マリア・セイヤー, ルイス・ブラックら


基本、おバカなコメディ映画。

なんだけれど、見ていくと「教育とは何か」「学校(大学)の役割とは」といったことを考えさせられ、ふ~む・・・となります。

( ̄ヘ ̄)ウーン

世間的にいい大学と思われている学校も、実は学生の学ぶ意欲を阻害している=成長を妨げている なんてことはないか?と。

特にラストのほうでそのクライマックス的シーンとなるので、見終わった時の印象はなんだかスッキリ感のようなものが残ります。

エスタブリッシュメントに対して、強烈なカウンターパンチで勝利をもぎ取り、気持ちいい!みたいな。

途中までは、「なんだ、このつまらないコメディは」なんて感じだったんですけどね。


トラブル・カレッジ/大学をつくろう! (字幕版)