映画「スクール・オブ・ロック」の動画を視聴しました。

2003年公開(日本公開は2004年)のアメリカ映画で、上映時間は約109分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.3)

ここで見ました⇒【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!
(※本作品の配信情報は2017年8月9日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

監督:リチャード・リンクレイター
出演:ジャック・ブラック, ジョーン・キューザック, マイク・ホワイト, サラ・シルヴァーマンら

学園コメディ&ヒューマンな内容。

売れないバンドバンが、州のトップ校(小学校)の代用教員になりすまし、生徒たちとともにバンドを組んでコンテストに参加するというストーリーになっています。

州で一番の学校というと、日本では麻布とか開成とな灘とか桜蔭とかそういうイメージですかね。
(小学校ではないけれど)

そういった学校に通うお坊ちゃん、お嬢ちゃんたちが、ニセ教師の指導・影響から音楽活動に精を出していくという構図。

音楽などのアート・芸術もコンテストなどの形で競争があり得ますが、それが点数評価ではなく「どれだけ人の心を動かしたか」「どれだけ感動を与えたか」なのだと考えるとちょっと面白いかも。
(→この映画をみて、そういったことを思いました)

ただ、自分はこういった音楽がテーマの作品やミュージカル作品が若干苦手で、この映画も巷の評価ほどにはいいと感じませんでした。

「学校の先生や親が"いい""正しい"としていることが全てではない(それ以外にも道はあり得る)」といった感じのメッセージが響くとハマるのかな。


ここ↓でも、総合評価が5点満点中の4.89点と高いです。
(2017.8.9現在)

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [ ジャック・ブラック ]