映画「ウォールフラワー」を視聴しました。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.3)

ここで見ました→dTV


2012年公開(日本公開は2013年)のアメリカ映画で、上映時間は約103分。

アメリカの高校生を描いた青春映画。

必ずしも明るい学校生活ではなく、上級生からのイジメや、スクールカースト的なものをかいくぐりながらの、なかなか大変な、ドロドロ・ジメジメありの内情をうまく表現しています。

主人公はときおり幻覚症状のようなものを起こしているので、病気持ちということなんだと思います。

そのあたりが少し胸が苦しくなるような感じを受けました。

原作が結構有名な小説のよう。


集英社文庫↓

ウォールフラワー[スティーブン・チョボスキー]

それを読んでから見たら、もっと楽しめたかな。

退屈ではなかったですし、得たものもありますが、「この感じ、なんか辛い」的な感覚が多少残りました・・・

エマ・ワトソンはかわいかった。

でも、彼女はショートカットよりロングのほうが似合うと思う。


アマゾンビデオ↓

ウォールフラワー(字幕版)