映画「アンナ・カレーニナ」の動画を視聴しました。

2012年公開(日本公開は2013年)のイギリス映画で、上映時間は約130分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.7)

ここで見ました⇒【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!
(※本作品の配信情報は2017年10月18日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

監督:ジョー・ライト
出演:キーラ・ナイトレイ, ジュード・ロウ, アーロン・テイラー=ジョンソン, ケリー・マクドナルドら

原作はトルストイの小説。

帝政ロシア時代の、上流階級の愛や恋を描いています。

自分は原作を読んだことはありません。

たぶんですけれど。

どういう内容かよく知らなかったので、それを知ることができてよかったです。

庶民から見たら、生活は圧倒的に恵まれている特権階級。
(一部、違う人も出てきますけれど)

そのなかでの、ドロドロといってもいい不倫関係、逆に純粋な愛が描かれています。

内容的には昼ドラ。

主人公のアンナ・カレーニナは、わがままなところもあって、それでいて嫉妬深い。

映画の描き方もあるかも知れないですが、「おいおい」「嫌だな~、こういう女は」なんて感じるシーンもあります。

でも、だからこそ人間臭い(人間らしい)といえるのかも。

人は、契約を結んだ愛を全うするべきなのか、それとも陥ってしまった燃えるような恋に走ることも許されるべきなのか。

この作品を見て、いま一度自分の価値観を見直してみるというのもありではないでしょうか。



アンナ・カレーニナ/キーラ・ナイトレイ[DVD]【返品種別A】