映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の動画を視聴しました。

ここで見ました→dTV

2008年公開の邦画で、上映時間は約111分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.4)

1979年の栃木の田舎町が舞台。

地元の高校生と、そこにやってきた駐在さん(警察官)のバトル・教育指導的触れ合いを描いた青春コメディー映画。

高校生たちは悪ガキどもですが、爽やかさや人情味を残していて、あまりイヤな感じを受けずに見ていくことができます。

あだ名がママチャリの主人公(高校生)を市原隼人くんが演じています。

彼の笑顔はいいですね。

駐在さんを佐々木蔵之介さんが演じています。

高身長ということもあり、威厳や迫力味がちゃんと出ていてよかったと感じました。

自分はいたずらとかより、恋とか、大人の女性に対する憧れとか、そういうのを描いた部分のほうが惹かれたな。
青春時代の甘い経験や、ほろ苦い気分を思い出す感じ?
(実際には、そんなに経験なかったんだけど)



ぼくたちと駐在さんの700日戦争【Blu-ray】[市原隼人]