映画「そこのみにて光輝く」の動画を視聴しました。

2014年公開の邦画で、上映時間は約120分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.5)

ここで見ました⇒そこのみにて光輝く【Amazonビデオ】

監督:呉美保さん
出演:綾野剛さん、池脇千鶴さん、菅田将暉さんら

原作は佐藤泰志さんの小説。


そこのみにて光輝く (河出文庫) [ 佐藤泰志 ]

映画「そこのみにて光輝く」の感想



北海道函館が舞台。

いわゆる貧困状態で暮らす家族と、ワケありでプーの青年の一時期が描かれています。

いろいろ大変なことがありながらも、必死に前を向いて生きていこうとする姿に応援したくなる気持ちが掻き立てられます。

でも、ドヨ~ンというか、悲哀感の印象も強い作品。

しかし、それでも最後は希望を含んだ終わり方だったかな。

「いくら現状がつらく大変だったとしても、落ちずに頑張れ!」というのが1つの主要メッセージだろうか。


この映画に登場するような人たちは、実際にきっといるのだと思います。

しかし、普通に暮らしていると、もしかしたら接点はないのが一般的なのかも。

こういう作品があることによって、そういった人(貧困の暗さに接点のない人)も社会にの一端について考えたり、思いを馳せることが出来るのかもしれないですね。