映画「くちびるに歌を」を視聴しました。

2015年公開の邦画で、上映時間は約132分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.7)

ここで見ました→dTV

新垣結衣ちゃんが、中学校の臨時音楽教員役をやっています。

長崎弁がいい感じ。

で、中学生のいろいろある青春時代(それぞれ悩みがあって、多感な時期)をうまく描いている作品だと思います。

新垣結衣ちゃん演じる主人公も、ちょっとわけありなのですが、生徒たちの姿に影響を受けながら・・・というストーリーになっています。

アンジェラ・アキさんの「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」 はそういう内容だったのかと、この映画で知った自分。

いい曲ではないですか。


dTVでの評価は、今4.3となっています。

Yahoo!映画で4.31点。

ともに高評価といっていいでしょう。

しかし、自分はそこまでの点数は付けられません。
(そこまでの感動は受けませんでした)

音楽活動への興味・関心が、人より薄いのだろうか、やはり。

青春ヒューマンドラマとして、それなりにちゃんと楽しめましたけれど。


くちびるに歌を 通常版 [ 新垣結衣 ]