映画「お父さんと伊藤さん」の動画を視聴しました。

2016年公開の邦画で、上映時間は約120分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.6)

ここで見ました⇒【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!
(※本作品の配信情報は2018年4月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

監督:タナダユキさん
出演:上野樹里さん、リリー・フランキーさん、長谷川朝晴さん、安藤聖さん、渡辺えりさん、藤竜也さんら


原作は中澤日菜子さんの小説。


お父さんと伊藤さん (講談社文庫) [ 中澤 日菜子 ]

映画「お父さんと伊藤さん」の感想



ハートフルな作品。

でも、それは最後まで見たからそう感じるのであって、見ている途中までは、なんだかイライラしたり、すっきりしないこともいろいろ出てきました。

親が厳格なタイプだったり、同居問題で悩んだ経験のある人には、さらに深く刺さるような感じもあるのかも。

自分が「子供たちのやっかいものになっていないか」と気を遣うシニアの方にも響くものがありそう。


謎が残されたまま終わったのは、ちょっと面白いかも。

■箱の中身(の意味)
■伊藤さんの過去
とか。


以下、ネタバレ要素があります。





作品を味わうのに、「中~大」程度のインパクトがありますので、内容をお知りになりたく方はご覧にならないでください。















あのお父さんが、どうして万引き常習犯なんですかね・・・


本当に認知症ってことなんだろうか。

ネットで見ていたら「書き置きの文字がおかしいかんじだったのは、それ(認知症)を示唆している」といった感じのことを書いていらっしゃる方もいたけれど・・・


本当に認知症なら、もっと日常生活における不具合だったり、その兆候のようなのが見られないものだろうか。