映画「うそつきパラドクス」の動画を視聴しました。

2013年公開の邦画で、上映時間は約85分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.7)

ここで見ました⇒【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!
(※本作品の配信情報は2018年3月21日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

監督:吉田浩太さん
出演:本山なみさん、真山明大さん、戸田れいさんら

原作は、きづきあきらさん・サトウナンキさんによる漫画。


うそつきパラドクス1【電子書籍】[ きづきあきら+サトウナンキ ]

映画「うそつきパラドクス」の感想



エッチな描写も多かったけれど、それでも内容は若い男女の純愛的な感じのもので、なんかよかった。

(あれを"純愛"といっていいかどうかの見解は、人によって分かれるかも知れないけれど)


男としては、我慢させられ、またさらに我慢させれて・・・ってなったら、爆発しちゃいますよね。

最後、どうして二人がそうならなければならないのかも、想像を掻き立てられるようでいい。

イニシエーション・ラブのような、裏の理由を勘繰ってしまったり。

都会暮らしの若い男性、何割かはセイユのような女性との恋(?)を経験していたりするのではないだろうか。

好きと言ってくれているのに、なぜかうまく結ばれない、みたいな。

まぁ、女心が100%は理解できないから、恋愛ってドキドキするのかもしれませんけれど。

アマゾンビデオ→うそつきパラドクス