映画「あしたのパスタはアルデンテ」の動画を視聴しました。

2010年公開(日本公開は2011年)のイタリア映画で、上映時間は約113分。

総合評価:★★★☆☆~★★★★☆(3.6)

ここで見ました⇒Hulu

(※紹介している作品は、2018年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。)

監督:フェルザン・オズペテク
出演:リッカルド・スカマルチョ、ニコール・グリマウド、アレッサンドロ・プレツィオージ、エンニオ・ファンタスティキーニ、ルネッタ・サヴィーノ、イラリア・オッキーニら


イタリアのヒューマン・コメディ。
(ヒューマンの比重が高めの印象)

「人間、みなそれぞれ何かしらの秘密やら悩みを抱えているもの。だから、人様に大きな迷惑をかけていないのであれば、責め立てるのはやめ、助け合いながら生きていきなさいよ」ってことかな、メッセージとしては。

「オーソドックス(正道)のみが善」なんて価値観が社会に蔓延していると、そこからはみ出さざるを得ない人は苦しんで生きなければいけないってことになりかねません。

それはいい世の中なんだろうか?ってことなんじゃないかと。
(この作品は、そういった問い・提言を投げかけているのではないかと)


ちなみに、この映画のもともとのタイトル(原題)はMine Vaganti。

イタリア語で、「浮遊する機雷」とか「危険人物」「なにをしでかすかわからない人」といった意味のよう。

邦題はそれとはちょっとかけ離れていますね。


あしたのパスタはアルデンテ [DVD]